床で寝ると「痩せる」「太る」「顔にむくみが」どれが真実?

熟睡する方法

床で寝ると痩せるとか、太るとか、むくみが、とかいろんな意見があります。本当はどれなのでしょうか。ちなみに実際に床で寝てみると「早起きできる」、その理由とは。

床で寝ると顔のむくみが気になる?

「床で寝ると痩せる」という人がいます。

しかし、

実際に床で寝ると、
顔がむくみ、肩こり、背中が痛いなど
イマイチ。

どうやら、

「固い床で寝て痩せられる」
人は、
全身の関節が柔らかく、
どこで寝てもうまく動けて
血行がよい。

つまり
新陳代謝がよいので
痩せやすい人。

ということらしいです。

運動不足で関節が硬い人が
床で寝ると、

寝返りも打てず、
血行不良で冷えたり、
背中が痛くなったり。

もちろん熟睡は難しいですね。

実際に床で寝ると早起きできる!

子供のころから
朝起きられない

睡眠障害気味の
ワタクシは

どうしても早起きしなければ
ならない、
絶対に遅刻できないときは

昔から、
いまもですが・・・

でかける用意をして
外出着を着てから
床で寝ます。

すると、
すぐ起きられます。

つまり、まったく熟睡できず、
睡眠がきわめて浅い
ということですね。

そして、肩コリで
背中は冷えてガチガチ、

頭もぼーっとして
腰も痛いです。

血行不良だと太ります

顔のむくみに関しては、

床の固さというよりは
枕の高さが問題だとか。

うつぶせで寝ると
顔に水分がたまって

むくみがでると
言われていますよね。

体内の水分は高いところから
低い方へ
溜りやすいためか

床で枕がないと
顔にむくみが
でる、ということのようです。

【モットン枕】かためとやわらかめの違いとは?どっちがおすすめ?

床で寝て
背中の痛みや肩こりがでることに

関しては、

寝返りができないことによる、
血行不良が大きな原因。

床が固い

寝返りできない

血行不良

新陳代謝が落ちる

これでは
痩せないですよね。

やはり、
熟睡するためにも、
血行を良くして
新陳代謝を低下させないためにも、

「寝返りしやすい寝具」はとても大切です。

寝返りしやすいマットレスで血行良好

preview

“寝返り“を科学したコイル構造で、腰痛や肩こりを軽減する【NELL マットレス】

低反発すぎても、高反発すぎても、
寝返りしにくいもの。

寝返りや血行を考えた
高級マットレスが
睡眠の質わ揚げるには最適です。

「まとめ

「床で寝ると痩せる人」
もともと関節がやわらかく
寝返りできなくても
動けるので血行不良になりにくい
まれな人のようです。

普通の人は逆に
血行不良になって
新陳代謝が低下して太るかも。
顔のむくみは
床で寝ると
枕がないことによるもの。
実際には、床で寝ると
熟睡はまったくできません。
だから早起きするしかない、
という感じです。
体のためには
やはり
「寝返りしやすく」
「血行を妨げない」
よい寝具がおすすめです。

キュアレ整体枕「THE MAKURA」は高評価?口コミ評判まとめ

タイトルとURLをコピーしました